仕事を辞めたいと思った時に自分と向き合うための4つの考え方

  • 2019年4月4日
  • 2019年4月5日
  • 転職
  • 622回
  • 0件

ボクは消防士の仕事を始めて3年目で初めて

「消防士の仕事を辞めたい」

と思ったことがありました。

自分が希望する部署じゃない
自分の能力が発揮できない
自分には向いていない

こんなことが頭の中をぐるぐるぐる回っていました。

誰だってそうです。

自分が思ってもいないことをしなきゃならないなんて面白くもないしつらいに決まっている

と思ってしまうからです。

でもだからといってすぐに

仕事を辞めたい
こんなはずじゃなかった

と思うのは少し早計かもしれません。

今、仕事が辛いしもうやめたい

と思っているあなたには考えられないかもしれませんが

その状況があなたにとってチャンスになることだってあるからです。

ここではあなたが

仕事を辞めたい

と思った時に

自分と向き合うための4つの考え方

をご紹介します。

広告

能力がないなんて悩むのは10年早い?

仕事を辞めたいのは

業務内容が自分に向いていない
仕事に自信がない
とにかくうまくいかない
ミスばかりする

だから能力がないと思う

こんな風に自虐的に悩んでいる人も多いと思います。

ボクは消防士として働き始めた頃、その時の隊長に怒られてばかりで自信をなくして働くのが辛くなった時があります。

こんな風に思ったのはまだ現場に出て1ヶ月目の頃でした。

配属された時にやる気満々で

「消防のことはそれなりにできます」 

みたいな大口を叩いてしまったんです。

だから

「少しはできるヤツだろう」

と隊長も期待してくれていたみたいなんですけど

実際に現場でやり始めたら全然ダメで怒られてばっかり。

もう本当に来る日も来る日も凹みました。

でも冷静の考えてみれば、新人なんて役に立てなくても当然なんです。

ボクが若気の至りでそんな下手な大口を叩いてしまったことを、隊長も分かっていてくれてたんだとは思います。

お前やる気があるのか !
使えなねえな!

って毎日怒鳴られました。

頑張っているつもりだったんですが 周りの期待に応えようとするほど空回りしてしまいました。

それが結局半年ぐらい続いて何の役にも立てない自分が情けなく思っていました。

現実と理想のギャップを思い知らされるのは確かに辛いんです。

でも

「自分は今の仕事に向いてないから辞めたい」

なんて考えるのはちょっと早いのかもしれません。

なぜなら

仕事が向いているとか向いていないとか仕事の能力があるとかないとかは簡単に判断できるものではないし

能力というのはそう簡単に伸ばせるものではないからです。

目の前のことを一つ一つ考えたり、工夫をしたりしながらやっていくうちに高まるものです。

たとえ配属されて半年で怒鳴られまくって仕事がうまくいかなくても、 きちんとやるべきことをやっていれば必ず能力は伸びます。

若いうちは苦手なことや、つまらないこともたくさんやらされると思いますが

【やっているうちにだんだん面白くなってくる】

それが仕事というものなのです。

最初は仕事がうまくやれないが【当たり前】

若いうちは仕事に対するやりがいや手応えなど ほとんど感じられないものです。

やりたい仕事に就いたとしても、最初のうちはつまらないし、ろくなことができないのが普通です。

ボクも20代の頃は

毎日つまらない仕事ばかりやらされてたまったもんじゃない。

消防士っていうのはこんなにも雑用が多いものなのか。

と生意気に考えていました。

その挙句ミスを繰り返しては隊長にこっぴどく叱られる。

けちょんけちょんにけなされては落ち込んで家に帰って酒を飲んでは口ばかり…

そんな毎日を送っていました。

でもただひとつ言えることは

仕事がつまらないと思いながらもやり続けるうちに、だんだん仕事の面白さが分かるようになっていくということです。

そして30代になると20代の頃の働くことに対する無力感が嘘のようになくなって、仕事が楽しくて仕方ないと感じることも出てきます。

こんなふうに20代のうちは仕事がまだまだうまくやれなくて当たり前なのです。

面白さがわからないうちは

使えないヤツだ

などと怒鳴られても

自分は

仕事ができない
仕事に向いていない
能力がない

なんて気にする必要はありません。

ただ、だからといって何の努力もしないのでは仕事の本当の面白さは感じられません。

どうすれば仕事が上手くいくかミスを振り返って次に生かす

それを繰り返せば小さなやりがいが生まれそれがだんだん大きくなっていき、やがて仕事の面白みが実感できるようになります。

時には他人や会社の判断に身をまかせてみる

その会社に入社し、自分のやりたい路線やジャンルと実際に配属された部署が全く違った場合 、その食い違いをどう考えたらいいのでしょうか。

ボクは消防に入った頃元々は消防隊として働いていきたいと思っていました。

そして最初の2年間は希望通り消防隊員として働きました。

しかし翌年レスキュー隊員として任命されました。

自分はそもそもレスキュー隊員として活躍できる体力も精神力も備えている人間ではないし、とてもできるわけがないと思っていました。

当時のボクのレスキュー隊の隊長は組織では結構有名でした。

とにかく技術や能力も高いんですが、隊員への指導が厳しく、部下育成のスペシャリストとして名を馳せていました。

とにかく訓練中は周りに誰がいようと怒鳴り散らす。

消防署の外にも聞こえるくらいの大きな声で。

正直この時は消防士の仕事を辞めたいと思ったことがありました。

とにかくミスばかりするし、仕事がうまくいかないし。

それにいつまで経っても自信ががつかない。

それに隊長はボクの精神力を上げるために、常にあえて理不尽な環境を作っていました。

でも後で分かったんですが、その隊長はボクに全ての知識や技術を教えようとしていたんです。

ボクは結局怪我を機にレスキュー隊を引退することになったんですが、厳しい環境で積んだ経験は後のボクの消防人生に大きなプラスとなりました。

自分に向いているか向いていないかにとらわれすぎるとせっかくのチャンスを逃すこともあります。

なんで自分がレスキュー隊に…

って思っても結果的に実力が伸びた気がしたんです。 

結局は自分より他人の方がその人の適性を理解しているということも多いんです。

会社員には組織に向いていない人なんて実はほとんどいない

人は自分は

こういうことに向いている

あるいは

こういうのは苦手だな

といったように自分の能力を限定してしまいがちです。

でも

できない
苦手だ

と思っていたことが周囲のすすめでやってみたら、想像以上に上手くこなせたということも少なくありません。

得意なことを伸ばすのももちろん大事です。

でも人は案外自分自身のことをよく分かっていないということもあります。

ですから、苦手意識を極力減らしていった方が仕事はずっと楽しいものになると思います

ただ若いうちは

これがやりたい
これはムリ

と決めつけてしまいがちです。

そして

与えられた仕事に対して

意欲的になれない

上司に叱られる

益々やる気を失う

さらに叱られる

という悪循環にはまってしまうこともあるかもしれません。

ボクが消防士になった頃のように、やりたいことがはっきりしている人は、かえって仕事に対するモチベーションがどんどん低下し叱られてばかりいる自分を責めるなど、自分自身を追い込んでしまうこともあるかもしれません。

でもそんな時は向いていない能力がないという考え方は一旦横に置いて

どんな小さなことでも構わないから失敗を繰り返さない方法

を考えるなどやる気を高める作業から始めてみてはどうでしょうか?

よく仕事につまずくと

自分は会社員には向いていない

などと愚痴る人もいますが

会社員に向いていない人

なんてほとんどいません。

世の中の会社には色々な仕事があります。

人間関係が苦手なら人とあまり付き合わずに済む職種もあります。

人前に出るのが得意でないなら縁の下の力持ちに入ってする仕事だってあります。

会社組織では一定のルールがあります。

それに従うのが会社員の務めであるのは確かです。

でも

自分の役目を果たし結果を出す

という意味では会社員もフリーランスも何ら変わりありません。

会社を辞めて独立しても仕事の大変さは常について回ります。

ですから今の仕事に向いていないからといって

会社の全てに絶望してしまうのは早計かもしれない

ということを頭に入れておいてくださいね。

まとめ

仕事を辞めるのはいつでも辞められます。

上司からパワハラにあっているとか、残業が当たり前の体質の企業は別として、仕事を始めて半年や1年で辞めたいと思う時には一度立ち止まって考えてみてください。

自分に能力があるかないかなんてすぐにはわかりません。

新人の頃は出来なくて当たり前なんです。

自分が希望した仕事ではなくても それを一つずつ丁寧にやっていけば必ずあなたのスキルは上がっていきます。

決してあせらずに一歩一歩確実に進んでいってくださいね。

転職はあなたの【明るい未来】の第一歩!

パワハラ上司の顔を思い浮かべると毎日が憂鬱
先輩とはうまくいかないし毎日仕事がしんどい
仕事がうまくいかないのはやっぱり向いていないのかな…
転職したいけど新卒でまだ1年も経っていないし我慢が足りないのかな…

そんな悩みをを持っているあなたに向けて
本来のあなたを生かせる仕事をお伝えします!

あなたに向いた仕事を見つけてください!

 

最新情報をチェックしよう!
広告