新卒で仕事を辞める最強の 判断基準はたったの1つだけ

  • 2019年3月15日
  • 2019年3月31日
  • 転職
  • 334回
  • 0件

今の会社を辞めたいと思っているにも関わらずあなたは迷っていませんか?

辞められない理由は色々あると思います。

「まだ勤めて短い」

「家族に心配をかける」

「他社に比べたらマシ」

「転職活動の時間がない」

「お金がない」

「転職への不安」 ・・・

だけどあなたは

「今すぐ辞めるべき人」と「もう一度考えすべき人」

のどちらかに当てはまるはずです。

そしてあなたがどちらに当てはまるのかを判断する基準はズバリ

「あなたがどう生きたいのか」

に尽きます。

正直これ以外では判断できません。

なぜなら「就職」=「人生」ではないからです。

「就職」はあくまで

「どの会社で働いてお金もらうか」

の手段であって、あなたの人生の一部に過ぎません。

つまりあなたが

「こんな人生を歩みたい!」

という思いにマッチする働き方を選ぶことなんです。

なのであなたが

「仕事を辞めるかべきか、考え直すべきか」

迷っているならこの記事をよく読んで判断してくださいね。

広告

仕事を辞めるべき人

過労死ラインである「1か月の残業時間80時間」を超えている人

このタイプに考える余地はありません。

今日中に仕事を辞めて下さい。

というより辞めなければいけません、どんな理由であっても。

このままあなたは我慢し続けると

確実に潰されてしまいます。

身も心も壊れたら、せっかくあなたの人生が台無しになります。

今のあなたには信じられないかもしれませんが辞めてもなんとかなるものです。

転職先なんていくらでもあります。

今は転職市場が拡大していて、転職サイトや転職エージェントで新たなスタートを切ることができます。

実際僕は新卒でブラック企業に就職し、半年で仕事を辞めました。

転職は3回したものの、今はこうしてなんとか家族を持てて幸せに暮らせています。

とにかく自分のためにブラック企業からは一刻も早く脱出してください。

パワハラやモラハラが蔓延してる職場にいる人

職場の最大の難題が

上司の部下の人間関係。

新卒者は特に仕事を覚えるのに時間がかかったり、慣れない仕事で周囲に負担をかけてしまいます。

それはあたり前のことなのであって新人時代は誰もが通る道です。

それに、常識の備わった人間ならそれを温かく見守り、指導できるはずです。

しかし、あなたができないことにつけ込んで

自分の優位性や立場を武器にモンスター化する上司

がいます。

どこに行ってもいます、この手の上司は。

でもそんなヤツはっきり言って

クソ

です。

クソ意外何者でもないです。

指導の域を超えた暴言や言動は

パワハラ

です。

あなたはそんな環境にいれば無駄に消耗するだけです。

消耗するだけだったらいいんですが、あなたの心にその傷は深く刻まれてしまいます。

心に傷を負った人生なんてつらい以外何者でもありません。

あなたが判断力を失う前に一刻も早く逃げて下さい。

自分の得意不得意が分かっている人

あなたが得意なことや、自分に向いていることって何ですか?

たとえば

人と話すこと、ものづくり、体を動かすこと…

色々あると思います。

ここで大事なことは

人と話すのが苦手なのに営業職

ものづくりが苦手なのに技術職

のようなミスマッチな職種を選ぶとあなたには

ストレス

しかありません。

だから

「こんな職業に就きたい」

と思う前に、あなたは一体

「何が得意なのか」

必ずこれをはっきりさせてください。

次に何がしたいかをちゃんと説明できる人

個人的にはこれが仕事を辞める最強の条件だと思います。

僕は過去に消防士として働いていましたが、その前に2回の転職に失敗しています。

2回とも失敗したのは、

「次に自分が何をしたいのか」

ぼんやりとしかなかったからなんです。

だから実際にその転職先で仕事を始めて少しでも辛くなったら

「やっぱり自分には合っていなかったのかな」

「もっといい会社があるかもな」

いつも気持ちがぶれていました。

結局適当な気持ちで決めた職場に対しては、愛着も湧かないし、何よりも自分自身が信じられなくなるんです。

でも消防士という職業を目指していた当時は、理由がはっきりしていました。

人の役に立てて、体が動かせて、休みを満喫できること

これが僕がやりたいことであり、目指すライフスタイルでした

だから実際に消防士になってから

辛いことがあったり

嫌なことがあったり

キツイことがあったり

いろんな壁が次から次へと僕の前に現れましたが、自分の気持ちがぶれなかったため、

乗り越えることができました。

だからもしあなたに

「これをやりたい!」

っていうものがあるのなら

思い切って転職すべきです。

それが

「あなたにとって本気でやりたいこと」

なら絶対にあなたは頑張れるはずです。

仕事を辞めるのを考え直した方がいい人

上司がムカつくからと思っている人

残念なお話ですが

ムカつく上司ははっきり言ってどこにでもいます。

たぶんアメリカ人であろうと、中国人であろうと、ロシア人であろうと、世界中どこにでもいます。

はっきり言って

ムカつく上司を自分でコントロールできなければ

次の転職先でも必ず同じ壁にぶち当たります。

上司を操るのはぶっちゃけ

「テクニック」

です。

上司もあなたと同じただの人間なんです。

上司にムカつくのは簡単ですが、その前にあなたが

「上司を操るテクニック」

を磨く必要があります。

仕事が面白くないと思っている人

自分がやりたい職業についても面白くない仕事なんて山ほどあります。

というか実際は

面白くないことの方が多いです。

あなたの目の前の仕事が面白くないと思っても それがあなたにとって、将来のスキルアップに必要な仕事であれば、そこは踏ん張りどころです。

面白くなくてもモチベーションの保ち方っていろんな方法があります。

「たとえば今日は絶対に残業せずに帰ろう」

とか

「今日はあの上司からダメ出しを食らわずにしよう」

とか何だっていいんです。

あなた自身に目指すべき将来像がはっきり見えているのなら

ちょっとだけ踏ん張ってみてください。

あくまでちょっとだけです。

それができれば必ず道は開けますよ。

とりあえず転職してみようかなと思っている人

これはっきり言って

最悪

です。

2回の転職に失敗した僕が言うので間違いないです。

こんな気持ちで転職して運良く良い会社に入れることがあるかもしれませんが、そんなのほとんど

奇跡的

です。

しかもこのとりあえずっていう気持ちは

転職癖

という悪魔を生み出してしまいます。

この癖がついたら、転職に3回失敗しても4回失敗しても、絶対に同じことを繰り返してしまいます。

この気持ちを持っている限り転職の成功は望めないです。

結局あなたはどう生きたいのですか?

「どう生きたいのか」

という問いかけには、自分の気持ちに嘘をつくことなくとにかく

正直になってください。

少しでも自分の気持ちに嘘をついてしまったら 本当の自分なんて見えてきませ。

たとえば

絶対に転勤したくない、地元で働きたいと思うなら、地域限定採用の会社を選ぶ。

バリバリのビジネスマンとして生きていきたい と思うなら、キャリアアップ していける会社を選ぶ。

仕事もプライベートも充実したいと思うなら、給料がそこそこでも休みが多く取れる会社を選ぶ。

人と関わって仕事したくないと思うならフリーランスもひとつの選択肢。

「給料」「職種」「労働条件」 … 色々あると思いますが

「あなたがどう生きたいか」

に最も近づくことのできる条件を最優先

させてください。

それさえはっきりできれば、あなたが

「今すぐ辞めるべき人」

なのか

「もう一度考えすべき人」

が見えてきますよ。

転職を考えているなら今すぐ無料登録を!

【ウズキャリ第二新卒】

転職はあなたの【明るい未来】の第一歩!

パワハラ上司の顔を思い浮かべると毎日が憂鬱
先輩とはうまくいかないし毎日仕事がしんどい
仕事がうまくいかないのはやっぱり向いていないのかな…
転職したいけど新卒でまだ1年も経っていないし我慢が足りないのかな…

そんな悩みをを持っているあなたに向けて
本来のあなたを生かせる仕事をお伝えします!

あなたに向いた仕事を見つけてください!

 

最新情報をチェックしよう!
広告