新卒で仕事を辞めることが「悪である」という誤解

  • 2019年3月16日
  • 2019年3月31日
  • 転職
  • 349回
  • 0件

春から働き始めているあなたは、そろそろ仕事の厳しい現状に直面している頃でしょうか?

やってもやっても終わらない仕事
残業という概念も忘れるほどの激務
上司からはとにかく毎日怒られる
体調が悪くても休める雰囲気はない
ホントは仕事を辞めたくてしょうがない

こんな毎日を送っていませんか?

ここでは本当は仕事を辞めたいと思っているあなたが

周囲の人に惑わされないようにはどうすればいいのか

その考え方をお伝えすますね。

広告

新卒で仕事を辞める、辞めないもあなたのハンドルしだい

新卒のあなたは今は正に車に乗り込み走り出したばかりです。

でもこのままずっと1人で走っていくわけではないでんですね。

実はあなたの運転する車にはこれからいろんな人が乗り込んできます。

それでタチが悪いことに、勝手なことを言ってくるんです。

「そっちは危ない!右だ左だ!運転下手すぎる !止まれすすめ!そっちじゃない!」

あなたか右だと思っても

「左だ、左!… 」
「そら見ろ!事故った!」
「だから右って言ったのに… お前のせいだ!」

あなたの周りにいる人ってこんなものです。

あなたが握っているものは何ですか?

ハンドルですよね。

そのハンドルはあなただけのものです。

誰が何と言ったって他人には触れないんです。

だから、ここまであなたが来た道は、あなたが選んだ道。

だからこそ、ここからあなたが行く道だってすべてが選べるんです。

新卒だからといって迷う必要なんてありません。

仕事を辞める、辞めないもあなたの自由なのです。



判断力があっても 仕事を辞められない理由

あなたが今「命を落とすくらいなら辞めればいいのに…」ができないのは、判断力を奪われているからなんです。

思い返すと色々理由はあるかもしれません。

その中でも大きいのは

「他人を中心に考えてしまう」

ではないかと思います。

他人のために

会社に迷惑はかけられない
親に心配かけられない
他人の評価のために
上司に叱られる
できないやつと思われたくない
すぐ辞めたなんて家族に言えない

人を優先してあなたの身体や心を後回しにしているうちに、きっと手遅れになってしまいます。

人のことを考えるのは素晴らしいと思います。

人目が気になるのも、人間なら当たり前のことだと思います。

でもそのために「命を落として…」と本気で思う人はいないはずですよね。

「あなたの命とあなたの人生を最優先に考える」

それができれば 死ぬまで頑張ってしまうことは なくなるんじゃないでしょうか。

新卒だから…という思いが仕事を辞める決断をしにくくする

ボクは新卒で就職しましたが

約半年で仕事を辞める決断をしました。

とにかく超ブラック企業でした。

労働時間も、職場環境も、人間関係も…

その後心身共に疲れて、結局のところ新卒で就職して7カ月目に仕事を辞めることになりました。

その後職業安定所「ハローワーク」に通う毎日がはじまり、その時の担当者がこんなことを話してくれました。

会社の指示通りに仕事をした結果、身体が不自由になっても、会社は責任も取らない。

でも身体が不自由なので次の仕事も決まらない。

会社はいざっていう時には、何もしてくれないから自分の体は自分で守らなければならない。

って。

あ〜なるほどな〜って思いましたし

何よりも怖かったです。

「自分の身体がおかしくなってるかも…」って 思ったら

とにかく我慢していてはダメなんです。

会社はいちいちあなたが本当に大丈夫かなんて 考えてくれません。

それであなたが本当におかしくなっても

「自分で気をつけなかったのが悪い」って言われて終わりです。

あなたが我慢して身体を壊して仕事をしても、誰も感謝をしてくれませんし、責任も取ってくれません。

新卒だから?石の上にも三年は必要なの?

「とりあえず3年は働け」ってよく言われませんか?特に年配の人に…

「つらいことを我慢して続けていれば、いずれは報われる」

黙って会社にしがみついてれば、それなりのリターンがあった時代ならともかく

今はそういうのも大して期待できません。

出口の見えないトンネルで頑張り続けられないのは当然です。

ただの暗闇みたいなものですよね。

そういう時は、あなたなりの出口を作ってしまうといいんです。

「そこそこ稼いだら仕事を辞めよう」

自分で決めたことなら自分で変更もできます。

「やっぱりこの会社合わない!」と思えば、予定を切り上げて早めに転職するのがベストです。



あなたがやらなくても誰かやります

まだ会社の仕組みも世の中の仕組みも分からない新入社員の頃、ボクの先輩が言ってくれました。

「大丈夫、オマエがやらねくても誰かやるもんだ」

って。

何年か仕事を続けていくうちに、その言葉の意味がよくわかりました。

担当者は自分一人だけだから

この仕事は自分しか分からないから

責任者だから

休むとみんな困るから休めない

そんなことはない、絶対ありません!

会社というものはあなたかが欠けても動くようになっています。

なっていないならそれは会社側の問題。

一国の首相には大統領でさえ「替え」がききます。

仕事上の立場なんてそんなもの。

あなたが首相や大統領のように、すごい人でないなら気にせず休めばいいんですよ。

でも気にしてしまう人は普段から準備しておくと休みやすいかもしれません。

仕事の情報を共有しておく

資料や進捗状況の整理をしておく

誰が見てもわかるようにしておく

人間関係の構築

普段から相談したりして助け合いができるような関係を作っておくと休みやすものなんですね。

替えのきかないもの

仕事上の立場は「替え」がきくと言いましたが、「替え」のきかないものも存在します。

あなたが

誰かの息子や娘であり

誰かの父親や母親であること

誰かの夫や妻であり

誰かの兄弟や姉妹であること

誰かの孫や曾祖父母であり

誰かの恋人であり誰かの友人であること

そして当然あなた自身

誰にも代わりができず失ったら二度と戻ってきません。

あなたの人生は広くて多彩です。

5年後10年後のあなたはどこにいるかわからないけれど、大切な人たちと長い道のりを歩むために犠牲にしてはならないもののことを忘れないでくださいね。

追い詰められると何で「死ぬくらいなら仕事辞めれば」ができないのか?

心理学の話しですが、有名な言葉で「学習性無力感」というものがあります。

これは

「長い間人間や動物がストレスを受け続けると、その状況から逃げ出そうとする努力すら行なわなくなる」

という現象です。

サーカスの象が分かりやすい例ですね。

サーカスの象は足首に紐をくくられ 地面に刺した杭とつながれています。

象は力が強いので悔いごと引っこ抜いて逃げ出すことができます。

しかしサーカスの象はおとなしく暴れたり逃げ出そうとしたりしません。
なぜだかわかりますか?

サーカスの象は小さい頃から足に紐をくくられくいに繋がれて育ちます。

小さい象の力では当然杭は抜けません。

つまり小さいうちに

「抵抗しても無駄」

ということをインプットしてしまうんです。

大きくなれば簡単に杭を抜いて逃げることができるのに小さい頃の「無駄だ」という無力感を学習したことで逃げるという発想がなくなってしまったのです。

これは怖いことに人間にも当てはまるようです。

世界は本当に広くて人生にはたくさんの選択肢が存在します。

とはいえ、ずっと杭につながれていた象が、杭を抜いて逃げ出そうとしないように、人間も過度のストレスを受け続けると、「逃げ出す」という選択肢が見えなくなるのです。

また選択肢が見えていたとしても「仕事を辞める」という決断が出来ない人もいます。

仕事を辞める決断ができない人の理由の一つに

「本当は仕事をやめたいけど、辞めた後の生活が想像つかない」

というのがあります。

例えばあなたが小中学生の時、転校や進学で環境が変わることはすごく緊張したんではないでしょうか?

どんな先生がいるのかな? 

雰囲気に馴染めなかったらどうしよう

どんな友達がいるのかな?

そもそも友達できるかな?

もしいじめにあったら…

たくさんの不安や心配が湧き上がってきたのではないでしょうか?

新しい環境や未知の世界に不安を抱くのは当然です。

これは大人も同じです。

仕事を辞める決断をして、新たな環境を選んだとしても、その新たな環境が必ず依頼環境とは限りません。

そんな決断をした先にある不安があるからこそ「仕事を辞める」という決断がしづらくなるのです。

このように仕事を辞める選択肢が自分の中にあっても、不安があることで決断できずにいる人が過度のストレスによりどんどん追い詰められ、選択肢があったことすら分からなくなり

「もう何もできないから死ぬしかない」

なんて考えてしまうこともあります。

ボクは辞める勇気が出ないならまずは

休んでみるのも一つの選択肢

ではないかと思います。

または

診療内科やメンタルクリニックでうつの診断テストを受けてみたり、話を聞いてもらったりしてみる

のも一つの手です。

もし休むことができたら、その時に新たな環境になりそうな職場について調べてみるといいかもしれません。

転職エージェントに登録してみるのもいいです。

そして

「こんな職場なら楽しいかも」

「こんな仕事やってみたかった」

と思うことができれば職場が変わることへの不安も解消されます。

また休んでいる間に会社が職務内容や環境を調整してくれて、その結果今の職場で働きやすくなることだってあります。

会社で異動願を出して部署異動させてもらえばいいですがその可能性が低そうであれば「休む」や「仕事を辞める」の選択肢が見えているうちに行動してみるといいですね。



仕事を辞めることは、実はあなたにとってチャンスでもあるのです

「仕事を辞めたいけど今の会社より、もっと自分に合った仕事って本当にあるのかな…」

仕事がうまくいかずに、仕事を辞めようか迷ってる時はそのように感じてしまいますよね。

「自分の得意なことが仕事にできたり、もっと給料が良かったらやる気が出るのに…」

そう思ったら転職サイトに登録して、あなたのやる気を引き出してくれる仕事を探してみましょう。

色んな転職サイトがありますが、その中でもや20代の人に特化した転職サイトなどがあり、

そのような特化した転職サイトを利用すると、まさにあなたが求めているようなやりがいのある仕事を見つけることができます!

仕事がうまくいかず、仕事を辞めようか迷っているあなたにも必ず能力の発揮できる場所があるはずです。

転職サイトは登録したからといって、絶対に転職しないといけないという決まりはないので、もっと自分にふさわしい仕事がないのか見るだけでもみてください。

もっと自分にふさわしい会社があると思うなら今すぐチェック!!

➤20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!



転職はあなたの【明るい未来】の第一歩!

パワハラ上司の顔を思い浮かべると毎日が憂鬱
先輩とはうまくいかないし毎日仕事がしんどい
仕事がうまくいかないのはやっぱり向いていないのかな…
転職したいけど新卒でまだ1年も経っていないし我慢が足りないのかな…

そんな悩みをを持っているあなたに向けて
本来のあなたを生かせる仕事をお伝えします!

あなたに向いた仕事を見つけてください!

 

最新情報をチェックしよう!
広告